2016年8月25日(木) 9:02

Gプリンセス初寄港/平良港で歓迎式典

乗客約3000人乗せ宮古島に


ミス宮古島(左3人)から歓迎の花束を贈られた(右から)ドノヴァンさん、グラハム機関長とスピナルディ副船長=24日、平良港ターミナルビル前

ミス宮古島(左3人)から歓迎の花束を贈られた(右から)ドノヴァンさん、グラハム機関長とスピナルディ副船長=24日、平良港ターミナルビル前

 米国のプリンセス・クルーズ社が運用する、豪華クルーズ船「ゴールデンプリンセス号」(総トン数10万8865㌧、ジョン・フォスター船長)が24日、宮古島に初寄港した。平良港の岸壁から離れたところに停泊し、乗客、乗組員は同船に搭載されているテンダーボート(補助船)で、平良港まで移動し、上陸した。


 初寄港した「ゴールデンプリンセス号」の歓迎式典が平良港ターミナルビル前で行われた。第43代ミス宮古島の3人から、アンドレア・スピナルディ副船長、クルーズディレクターのティム・ドノヴァンさんとニール・グラハム機関長に歓迎の花束が贈られた。


 宮古島商工会議所の根路銘康文副会頭が「貴船初寄港に深く感謝する。皆さんには、宮古島の豊かな自然を満喫し、心に残る旅にしてほしい」と同船の初寄港を歓迎した。


 式典ではアトラクションとして、砂川美香民謡ショーも行われ、参加した同船の副船長らも三線と歌に合わせ踊る一幕もあった。


 「ゴールデンプリンセス号」のスピナルディ副船長は「すてきな歓迎式典をありがとう。プリンセス・クルーズ社を代表して、宮古島への寄港は喜びです。天候にも恵まれ、美しい平良港に入港できた。今後も、宮古島に数多く寄港できることを期待している」と宮古島の歓迎に感謝した。フォスター船長は船内に残った。


 同船は同日午前6時分ごろ、平良港沖に姿を見せた。その後大きな船体をゆったりと、海面を滑らせるように港内に入り、下崎埠頭(ふとう)沖にいかりを下ろした。


 9歳の娘と家族3人で台湾から訪れたヴィンセント・サイさんは「最近開通した伊良部大橋の見学や、ショッピングが楽しみ、娘の夏休みを利用しての家族旅行」と話し、島内観光に出発した。


 この日は「ゴールデンプリンセス号」には乗客2814人、乗組員約1100人が乗船し、乗客のほとんどが宮古島に上陸、市内の観光を楽しんだ。

  • 宮古島の人口

    令和元年12月1日現在

    宮古島市 54,792 人
    27,602 人
    27,192 人
    世帯数 27,848 軒
    多良間村 1,127 人
    604 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2016年8月
    « 7月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2