宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2016年10月9日(日) 9:07

障がい者雇用5倍に/就労支援フォーラムサテライト上映

行政が積極取り組み/総社市長の片岡氏  事例紹介


浦添市てだこホールでの片岡市長の基調講演を生中継するサテライト上映。左側は聴覚障がい者に対応した同字幕システムのスクリーン=8日、介護センター・スマイル

浦添市てだこホールでの片岡市長の基調講演を生中継するサテライト上映。左側は聴覚障がい者に対応した同字幕システムのスクリーン=8日、介護センター・スマイル

 障がい者の就労について考える「第11回雇用・就労支援フォーラム」(主催・県中小企業家同友会ほか)が8日、浦添市のてだこホールで開かれ、岡山県総社市長の片岡聡一氏による基調講演は同日、市平良東仲宗根の介護センター・スマイルで生中継のサテライト上映が行われた。片岡市長は同市で取り組む「障がい者千人雇用」事業について紹介した。


 片岡市長は、健常者は障がい者の生活を安定させ人生の質を向上させることに全力を尽くさなければならないとの持論を述べた上で、総社市には18歳から60歳まので障がい者で就労可能と思われる人が約1500人いるが、就労できている人は180人ほどしかいなかったことを知り、「障がい者千人雇用」の取り組みを始めたことを説明。市の職員3人と厚生労働省の職員2人の計5人で就職希望者と求人のマッチングを行うことで、現在は956人が働けていることなどを語った。


 現在は法律により、従業員50人以上の事業所は2%の障がい者を雇用する義務があり、達成できない企業には罰則金が課せられることについて、「人間に対して罰金を掛けるというのは決して良い法律ではないと思う」との見解を述べた上で、人口10万人以下の自治体では50人以下の企業でも障がい者が働けるように自治体が率先して取り組むべきと訴えた。


 障がい者の母親から、子供を18歳まで育てれば、総社市ならどこかに就職させてくれるので頑張れるようになったと言われたことがあるという片岡市長。「(障がい者雇用を)一人一人積み重ねていくことで、障がい者ばかりでなくその家庭や親戚、近隣者が一人でも幸せになってくれる社会をつくることができれば、1000という数字にこだわった意味があるのではないかと思う」と語った。

  • 宮古島の人口

    令和3年1月1日現在

    宮古島市 55,009 人
    27,822 人
    27,187 人
    世帯数 28,370 軒
    多良間村 1,101人
    602 人
    499 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2016年10月
    « 9月   11月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2