宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2016年11月12日(土) 9:06

まもる君、まるこ子ちゃんも一役/宮古島税務署

「税を考える週間」始まる


謝花署長(左)と新城総務課長が「宮古島まもる君・まる子ちゃん」にたすきを掛け納税の大切さをアピール=11日、宮古島税務署

謝花署長(左)と新城総務課長が「宮古島まもる君・まる子ちゃん」にたすきを掛け納税の大切さをアピール=11日、宮古島税務署

 「くらしを支える税」をテーマにした「税を考える週間(11~17日)」が始まった11日、宮古島税務署の謝花喜也署長と新城善広総務課長は同署前で、警察官型人形の「宮古島まもる君・まるこ子ちゃん」にeーTaxなどと書かれたたすきを掛け納税の大切さをアピールした。


 謝花署長は「この機会に税の在り方や財政などについて考えていただくとともに、税務行政に対するご意見やご要望をお聞かせいただくようお願いする」と述べた。


 税を考えるつどいが24日午後、平良港ターミナルビル2階で開催される。参加費は無料。第1部が消費税完納宣言、第2部が講演会、第3部が表彰式で税に関する小学生の絵はがきや中・高校生の作文、税務功労者らが表彰される。