宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2016年11月16日(水) 9:02

九州大会での活躍期待/宮古高校後援会

2部活に激励金


狩俣会長(後列中央)から激励金が卓球部と女子駅伝部に贈呈された=15日、宮古高校

狩俣会長(後列中央)から激励金が卓球部と女子駅伝部に贈呈された=15日、宮古高校

 宮古高校後援会(狩俣勝成会長)は15日、九州大会に県代表で出場する同校の卓球部と女子駅伝部に対して激励金を贈呈した。



 贈呈式で狩俣会長は「卓球部も女子駅伝部も九州大会出場おめでとう。私たち後援会は皆さんの活躍を応援しようと発足したばかりで今回が初めての激励金贈呈となる。ぜひ、有効に活用して九州大会でも上位入賞目指して頑張ってほしい」と呼び掛けた。


 激励金を受け取った卓球部の下里竜輝主将は「応援してくれる皆さんの支えに応えるためにも持っている力を十分に発揮して頑張りたい」と抱負を述べた。


 また、女子駅伝部の上原みなみ主将も「県大会では悔しい思いをしたが九州大会では悔いのない走りで全力を出し切って皆さんの応援に応えたい」と意気込みを示した。


 そのほか、平良智枝子校長も「後援会が発足してこうしてバックアップしてくれることは本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱい。生徒たちもこうした支援を忘れずに全力で挑み、上位入賞を目指してほしい」と呼び掛けた。