2016年11月22日(火) 9:07

市長選 投開票まで2カ月

一本化調整 山場へ/保革とも分裂回避目指す


 来年1月22日に投開票が行われる市長選挙まで残り2カ月となった。保革ともそれぞれ分裂の様相となっているが、候補者の「一本化」が勝利の絶対条件であることから、双方とも分裂回避の調整が山場を迎えている。


 今市長選に向けては、保守系は3期目を目指す現職の下地敏彦氏(70)、市議で前市議会議長の真栄城徳彦氏(67)が出馬を表明している。


 また、「オール沖縄」を掲げる革新勢力は選考委員会で医師の下地晃氏(62)の擁立を決定(25日に出馬表明予定)。しかし、前県議の奥平一夫氏(67)も出馬に意欲を示し、きょう22日に正式に出馬を表明する。


 21日に行われた保守系の全員協議会は、現職支持派と市政刷新派の意向が真っ向から衝突。協議は平行線をたどり、23日に再度会合を持つこととなった。


 一方、市政奪還の千載一遇のチャンスとする革新勢力だが、内情は保守系同様に各方面の思惑や調整が難航し、分裂の様相となっている。


 革新勢力も分裂回避に向けては、下地晃氏の擁立を決めた選考委員会側と奥平氏側とで「一本化」に向けた水面下の調整が進められているが、そのめどは立っていない。


 投開票まで残り2カ月となり、互いに「もう時間がない」とする一方で、「分裂回避」の作業は難航している。

  • 宮古島の人口

    平成31年2月1日現在

    宮古島市 54,258 人
    27,060 人
    27,198 人
    世帯数 26,888 軒
    多良間村 1,170 人
    628 人
    542 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2016年11月
    « 10月   12月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2