2016年12月27日(火) 9:05

すすを払い新年に備える/宮古神社

社殿のすすを丁寧に払う、奥間神主(左)と古波蔵神主=25日、宮古神社

社殿のすすを丁寧に払う、奥間神主(左)と古波蔵神主=25日、宮古神社

 年末恒例の「すす払い」が25日、宮古神社で行われた。1年間でたまったほこりなどを、忌竹(いみだけ)と呼ばれる竹で、丁寧に払い落とし、清めた。全国の神社でこの日に一斉に行われた。


 奥間寛次神主と古波蔵恵神主が、神前ですす払いを行うことを報告する神事を執り行った。


 すす払いは年末に社殿を大掃除し、新年に向けて清める行事。1年間のすすを払い、新年に備える神事で年の瀬の風物詩にもなっている。


 忌竹 神事のとき、不浄を防ぐために忌み清める場所に立てる竹のこと。葉のついた青竹にしめ縄を張る。

  • 宮古島の人口

    令和元年5月1日現在

    宮古島市 54,579 人
    27,494 人
    27,085 人
    世帯数 27,537 軒
    多良間村 1,145 人
    615 人
    530 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2016年12月
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2