2017年1月6日(金) 9:04

宮古製糖が36位入り/15年度県内法人企業ランキング

 【那覇支社】東京商工リサーチ沖縄支店が発表した2015年度の県内法人企業利益ランキングによると、純利益が2000万円以上の対象企業は前年度比65社増の806社と7年連続で過去最多、利益総額も同13・9%増の1189億4788万円と過去最高をそれぞれ更新した。1社当たりの平均利益額は同4・7%増の1億4757万円となった。増益企業は同83社増の537社。対象企業の66・6%を占めた。


 上位50社のうち、宮古製糖は前年度比267・6%大幅増の3億8300万円で位に入った。


 ランク1位は2年連続でサンエー。主力の食料品に家電・化粧品の好調な販売による増収効果で、87億1800万円と過去最高益を更新した。2位の沖縄セルラー電話は、増収効果に契約時のキャッシュバックの抑制から販売促進費が減少し過去最高益を記録、順位も一つ上げた。


 3位は沖縄銀行で、システム開発や支店開設に伴う経費を要したが、不良債権処理額など与信費用の減少から前期比5・1%の増益。4位は2年連続の琉球銀行で、システム開発での費用増加も、与信コストと法人税の減少から同17・6%の増益だった。


 5位の日本トランスオーシャン航空は、機材整備費などが増加したが、旅客単価の上昇、原油単価下落に伴う燃料費の圧縮から同86・0%の増益で、順位も二つ上げた。6位はオリオンビールで、前期までのホテル開業準備費の減少に「免税店DFS」の一部の土地売却益から同98・3%の増益で、前年度11位から順位を大きく上げた。


 7位の沖縄電力は、燃料費や減価償却費の減少も、再生可能エネルギーの他社購入電力量などが膨らみ同26%減益、順位も前年度5位から二つ落とす。8位はJAおきなわで、台風被害農家への資材負担支援などで特損は増えたが、外部出資の損失引当金戻入益が寄与して同74・1%増益と、2年ぶりのベスト10入り。


 9位は國場組で、大型建築工事の増収効果と、関係会社株式の売却益により同260・9%の大幅増益と、前年度20位から初のベスト10入りした。10位は2年連続の那覇空港ビルディングで、新国際線旅客ターミナル施設使用料とテナント売上が好調に推移し、国内線旅客ターミナルビル設備資産などで減価償却費が大きく減少した結果、過去最高益を更新した。


 上位10社の利益総額は458億8173万円と、全体の38・6を占め、前年度の38・5%を0・1ポイント上回った。

  • 宮古島の人口

    平成29年8月1日現在

    宮古島市 54,077 人
    27,003 人
    27,074 人
    世帯数 26,244軒
    多良間村 1,180 人
    636 人
    544 人
    世帯数 529 軒
  • 天気


  •  

    2017年1月
    « 12月   2月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2