宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2017年1月16日(月) 9:06

現職、新人4氏が届け出/市長選告示

市政継続、刷新で舌戦/陸自配備の是非も問う


 任期満了に伴う宮古島市長選挙が15日告示され、無所属の現職と新人の計4氏が立候補を届け出、4氏による争いが確定した。各候補者は選挙対策本部で、支持者らを集めて出陣・出発式を開催。支持を訴える「第一声」を上げ、選挙カーで街頭へと繰り出した。市長選は市町村合併後、4回目。前回は無投票だった。「市政継続」か「刷新」かが最大の争点で、陸上自衛隊配備の是非や農林水産業、観光産業の振興策、教育環境の改善などでも論戦が展開される。投開票日は22日。14日現在の有権者数は4万3441人(男性2万1466人、女性2万1975人)。


 立候補したのは届け順に、新人で前県議の奥平一夫氏(67)、現職で3選を目指す下地敏彦氏(71)=自民推薦=、新人で医師の下地晃氏(63)=社民、社大推薦=、同じく新人で前市議会議長の真栄城徳彦氏(67)。


 4候補の陣営は届け出を済ました後、出陣・出発式を行い、支持者らとともに当選に向けて気勢を挙げた。


 奥平氏は、県政との太いパイプや自衛隊配備反対を訴え。「命の水をしっかり守ることを市民の皆さんに約束する」と話し、市政奪還に向け協力を呼び掛けた。


 下地敏彦氏は、2期8年間の実績を強調。「多くの事業の芽出しが始まった。今年から少しずつ花開いてくる」と述べ、さらなる経済の活性化を強調した。


 下地晃氏は、現市政の不祥事を指摘し「市民本位の市政を実現する」と市政刷新を求めた。自衛隊配備には「絶対に許してはならない」と力説した。


 真栄城氏は、市政継続か刷新かが争点だとし「今の市政を継続させてはいけない」と行動を促した。「22日は歴史的転換の日と認識している」と述べた。

  • 宮古島の人口

    令和2年10月1日現在

    宮古島市 55,017 人
    27,798 人
    27,219 人
    世帯数 28,339 軒
    多良間村 1,100人
    600 人
    500 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2017年1月
    « 12月   2月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2