宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2017年1月20日(金) 9:04

170万円超えに大歓声/肉用牛17年初競り

上地さん「最高のスタート」


県内最高額を付けた牛を生産した上地さん(中央)。踊って喜びを表現した=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

県内最高額を付けた牛を生産した上地さん(中央)。踊って喜びを表現した=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 19日に開かれたJAおきなわ宮古家畜市場の2017年初競りで、上野の上地良淳さん(60)が生産した子牛が県内最高額の173万9880円を付けた。上地さんはその場で踊って喜びを表現。「牛を始めて36年になるけど、こんなに驚いたのは初めてです」と興奮した様子で話した。



 初競りの1番牛として上場された上地さんの牛の名は「大海大翔」。父に美津照重、母の父に北仁、母の祖父に平茂勝という高値が付く掛け合わせで初めて1番牛の座を射止めた。


 競りが始まると、競り値を示す掲示板の数字はぐんぐん上昇。あっという間に100万円を超えた。110万、120万、150万…。止まらない数字の上積みに市場は沸いた。
 上地さんは「県内トップの価格は誇り。びっくりしたけど本当にうれしい」と満面の笑み。「今年は規模拡大を図る年。最高のスタートが切れた」と喜んだ。


 その1番牛を引いたのは下地敏彦市長。「びっくりした。まさかあそこまで上がるとは」と驚き、「本当にありがたいこと」と、県内最高額で買い付けた購買者に感謝を込めた。