2017年1月28日(土) 9:05

エコブランド豚確立へ/推進協

3候補試作肉を試食/専門家「かなり良い」と評価


エコブランド豚肉食味会。参加者が見た目、臭い、味に触れた=27日、宮古家畜保健衛生所

エコブランド豚肉食味会。参加者が見た目、臭い、味に触れた=27日、宮古家畜保健衛生所

 養豚の再生を目指す宮古地域養豚エコブランド確立推進協議会は27日、宮古家畜保健衛生所で試作豚肉の食味試験会を開いた。試作3候補と従来の豚から計12種類の肉を用意。50人のモニターが焼き肉としゃぶしゃぶを試食し、見た目、臭い、味に触れた。専門家によると試作豚肉は「かなり良い」。宮古エコブランド豚の誕生に期待が高まる。



 宮古地区における1989年の豚飼養頭数は5300頭だったが現在は753頭と激減。農家戸数も52戸から11戸となり、養豚存続の危機に直面している。


 この現状を踏まえ、宮古家畜保健衛生所が地域養豚再生計画に着手。昨年3月にエコブランド確立推進協議会を発足させている。


 協議会構成員は食肉センターや食肉加工会社、販売業者および関係機関の代表ら。月1回の勉強会を通して知識を深め、試作豚肉に生産、肥育につなげた。


 食味の試験会には、従来通り食品残さのみで肥育した豚肉と、衛生管理技術を駆使し、発育と栄養価を重視しながら養豚したエコフィード(食品残さを利用して製造した飼料)のブランド豚肉を出した。


 試食している豚肉の種類を知らないモニターは、見た目と臭い、味を比べてアンケート用紙に記入。宮古の豚に合ったブランド名なども考えて書いた。


 肥育管理したエコブランド豚の味を知る池田冷凍食品統括本部長の渡邉和人さんは「高いレベルを求めているため、まだ改良しなければならない部分はある」としながらも、現状の仕上がりは「良い」と評価した。


 生産農家戸数の現状を踏まえると、「限定的に良い豚を作っていく方向が良いと思う」と話し、宮古豚という希少価値を高める生産環境の構築を提言した。


 養豚エコブランド確立推進協は、今年度中に肉質成分分析や飼料成分分析、発育試験成績、食味試験成績の結果を基に、▽宮古ブランド肉豚規格基準▽ブランド豚飼養衛生管理基準▽ブランド豚飼料給与基準-を作成する方針だ。

  • 宮古島の人口

    令和2年2月1日現在

    宮古島市 54,801 人
    27,611 人
    27,190 人
    世帯数 27,855 軒
    多良間村 1,126 人
    605 人
    521 人
    世帯数 513 軒
  • 天気


  •  

    2017年1月
    « 12月   2月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2