2017年3月1日(水) 9:03

屈折はしご付消防車導入/市消防本部

きょうから運用開始


塀を避けて屋上から救助するデモンストレーションで汎用性を展示した=28日、宮古島市消防本部

塀を避けて屋上から救助するデモンストレーションで汎用性を展示した=28日、宮古島市消防本部

 宮古島市消防本部消防署(上原昭宏署長)は28日、はしごの途中から折り曲げることができる「屈折はしご付き消防自動車」を新たに導入したと発表した。新はしご車は1日から運用を開始する。


 新たに導入された車両は、これまでの直進式のはしご車よりもはしご自体は短いが、途中で屈折できるため、電線などの空中障害物や塀などを避けながら消火活動ができる。また、はしごの先端にあるバスケットが、地表よりも6㍍下に降下できるため、橋脚から河川、堤防から海面へなど、水難救助や崖下の救助にも能力を発揮する。


 上原署長は「管内は95%以上が、4階建て以下の建物。ほとんどの建物に対応できる。また、原野や畑の火災が全体の6~7割を占めているほど多い。そのような災害にも対応できる。汎用性が広いので、万が一の災害の時には幅広く対応できる」と述べた。


 1996年に導入された直進式はしご車は安全基準等の理由から、退役する。


 導入されたはしご車の価格は装備品や付属品、積載品を含め1億2517万2000円。

  • 宮古島の人口

    平成30年8月1日現在

    宮古島市 54,111 人
    27,053 人
    27,038 人
    世帯数 26,689 軒
    多良間村 1,176 人
    631 人
    545 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2017年3月
    « 2月   4月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2