2017年3月15日(水) 9:04

養殖アーサ摘み取り/西辺小児童が体験学習

手際よく養殖アーサを摘み取る児童たち=14日、平良の大浦湾

手際よく養殖アーサを摘み取る児童たち=14日、平良の大浦湾

 西辺小学校(砂川靖夫校長)は14日、宮古島漁協のヒトエグサ生産部会(楚南聡代表、会員8人)の協力を得て14日、同校北西に位置する大浦湾でアーサ(和名ヒトエグサ)収穫体験学習を実施した。児童74人は、養殖網で青々と育つアーサを手際よく摘み取り、海の恵みに感謝した。同校での同体験は2年ぶり。


 地域の豊かな自然環境の中で、アーサを収穫する体験を通して豊かな人間性を育むとともに、地域で働く人の職業観に触れるのが目的。


 同湾海岸の式で、砂川校長は「宮古では美しい大浦湾でアーサが養殖されている。養殖されている方々の仕事も学び、しっかり収穫してください」と激励した。


 同校OBの楚南代表は、養殖アーサの種付けから販売までの一貫体制を説明した上で「今期は前期の7㌧より3㌧多い10㌧の豊作を見込んでいる。きょうは、楽しく体験してください」と後輩たちを励ました。


 鉄筋の支柱に張られた養殖網は、干潮のために空中に露出。児童たちは鮮やかな緑色のアーサを収穫し、ビニール袋にいっぱい詰め込んでいた。


 4年生の長田稀龍君は「いとこの男子5年生がけがで休んでいるので、その人の分まで収穫した。天ぷらアーサを一緒に食べたい」、同じく羽地穂乃花さんは「去年はアーサ収穫体験学習はなかったので、今年はできるかなと思っていた。体験できて良かった。たくさん取ったアーサはアーサ汁で食べたいと思っている」とそれぞれ感想を語った。

  • 宮古島の人口

    平成29年8月1日現在

    宮古島市 54,077 人
    27,003 人
    27,074 人
    世帯数 26,244軒
    多良間村 1,180 人
    636 人
    544 人
    世帯数 529 軒
  • 天気


  •  

    2017年3月
    « 2月   4月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2