2017年3月28日(火) 9:01

【行雲流水】(自然を称える日)

 昼の長さと夜の長さがほぼ等しくなる「春分の日」も過ぎた。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる。春分の日は彼岸の中日に当たるので、これから次第に暖かくなり、生物は生気を増していく


▼ところで、秋分の日は「祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ」日で、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」国民の祝日である


▼まずは、豊かな自然をもたらす、惑星・地球の奇跡的な存在の妙に思いをはせたい。太陽からの距離が近すぎず、遠からずで、そのため表面温度が適当で、生物の存在に不可欠な水が液体の状態で存在している。また、もし地球がもう少し小さく、重力が弱かったら、大気を保持することができなかった


▼さらに、地球の自転軸が公転面に対して垂直でなく、傾いているため、季節がめぐり、この時期北半球の受ける光の量が日々増えていく


▼そして、今は春3月、歌が聞こえてくる。『どこかで春が』。「一、どこかで春が生まれている/どこかで水が流れだす。二、どこかでひばりが鳴いている/どこかで芽の出る音がする。三、山の三月東風(こち)吹いて/どこかで春が生まれてる」。俳人は詠う「天よりも輝くものは蝶の翅(山口誓子)。天文学者は謳う「人智は果なし無窮の遠(おち)に/いざその星かげ/きわめも行かん(『星の界』)。宇宙はヒトにおいて「意識」を生んだ。そして人は文化を創り、自然をたたえ、命あるものを尊ぶ


▼人間が自然を破壊し、欲望を肥大化させ、戦争で自滅することを、宇宙は許さない。

  • 宮古島の人口

    令和2年1月1日現在

    宮古島市 54,815 人
    27,629 人
    27,186 人
    世帯数 27,858 軒
    多良間村 1,122 人
    604 人
    518 人
    世帯数 512 軒
  • 天気


  •  

    2017年3月
    « 2月   4月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2