2017年4月2日(日) 9:04

「大字」の迫力に魅了/会員の力作ずらり

蒼海書道会展が開幕/きょうまで市中央公民館


会場には迫力ある「大字」の作品が約100点展示され、訪れた人たちに「書」の魅力をアピールした=1日、市中央公民館

会場には迫力ある「大字」の作品が約100点展示され、訪れた人たちに「書」の魅力をアピールした=1日、市中央公民館

 「書道は楽しい!」をテーマに第7回蒼海書道会展(主催・蒼海書道会)が1日、市中公民館で2日間の日程で始まった。今回も第30回全国シルバー・わかば書道展宮古島展との併催で、会場には大字(70×136・5㌢)の大作から細字(半紙)の作品まで、会員たちの力作252点が展示された。きょう最終日は午後4時までとなっている。



 開会式では、主催者を代表して池田海真会長が「1年間の活動の成果を一堂に会して発表できることをうれしく思う。この1年間は初めての取り組みや子供たちが大活躍し、その作品が国内外から高い評価を受けることができた。ぜひ、会場に訪れて会員たちの作品を見てほしい」と呼び掛けた。


 書道支援団体「入木会」の砂川純一会長も「会場に展示された作品はとても迫力があり、小さな子供たちが大きな作品に挑戦している様子が伝わってくる。この中から将来の大物が誕生する気がする」と笑顔で話した。


 今年のテーマは、大字と細字のコラボレーションで、子供たちが挑戦した「大字」の作品約100点が会場に初めて示されている。


 展示された作品は、蒼海展が202点、シルバー・わかば書道展が50点となっている。


 きょう2日は、「高校を飛び立つ4人と語る『私と書道』」をテーマにした「書道座談会」が午後2時から行われる。


 子供たちが力強い筆さばきで書いた大きな「大字」の作品に、会場に訪れた人たちからは「上手だね」「とても迫力があるね」などの感想が聞かれた。

  • 宮古島の人口

    令和2年1月1日現在

    宮古島市 54,815 人
    27,629 人
    27,186 人
    世帯数 27,858 軒
    多良間村 1,122 人
    604 人
    518 人
    世帯数 512 軒
  • 天気


  •  

    2017年4月
    « 3月   5月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2