2017年4月12日(水) 9:06

障がい者の社会参加を支援/ビザライ

グループホーム・イースⅡ落成


テープカットを行う勝連代表(左から3人目)、下地市長(同4人目)と関係者ら=11日、障がい者グループホーム・イースⅡ

テープカットを行う勝連代表(左から3人目)、下地市長(同4人目)と関係者ら=11日、障がい者グループホーム・イースⅡ

 株式会社ビザライ(勝連聖史代表)が平良東仲宗根で建設を進めていた障がい者グループホーム・イースⅡが完成し、11日、落成式が行われた。勝連代表をはじめ下地敏彦市長、施工業者の関係者らが参加し盛大に祝った。入居者は15日から引っ越しが始まり、自立・社会参加に向けて新しい生活をスタートさせる。


 新施設は敷地面積983平方㍍の中に建つ鉄筋コンクリート造り平屋。建物面積約250平方㍍。総事業費は国の社会福祉施設等施設整備事業補助金2000万円とビザライ負担の5000万円を合わせた7000万円。


 主な設備は定員居室10室(男性10人)で、利用対象者は歳未満を除く知的・身体・精神障がい者。食堂1室を整備。居間にはテレビやソファ、ダイニングセットなどが設置されている。


 サービス内容は、日常生活の相談支援や家事などの日常生活の支援、地域行事への参加や余暇活動の支援。


 勝連代表は「ビザライは今年1月で3周年を迎えることができた。その間、社員数も120人を超え、事業所数もこのグループホームを含めて9カ所目となる。入居者同様に私たちも気持ちを新たに、スタッフも、より一層の努力を重ねて、業務に励んでいきたい」と述べた。


 下地市長は「自立・社会参加を進め、共生社会が実現することを期待する」と挨拶した。


 次いで下地市長、勝連代表、グループホーム責任者の砂川洋子さん、宮古島市の前福祉部長の豊見山京子さん、LSDデザイン株式会社の平良玄峰代表、久仲工建の仲間正人代表の6人がテープカット。


 祝賀会では、新しい施設の喜びを分かち合った。

  • 宮古島の人口

    令和2年2月1日現在

    宮古島市 54,801 人
    27,611 人
    27,190 人
    世帯数 27,855 軒
    多良間村 1,126 人
    605 人
    521 人
    世帯数 513 軒
  • 天気


  •  

    2017年4月
    « 3月   5月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2