2017年4月24日(月) 9:06

絆の再戦、笑顔で区切り/鷲津と酒井

引退、復帰レース重なる


互いの健闘をたたえ合う鷲津奈緒美(右)と酒井絵美=23日、市陸上競技場

互いの健闘をたたえ合う鷲津奈緒美(右)と酒井絵美=23日、市陸上競技場

 ライバルであり、良き親友-。現役復帰レースを制した鷲津奈緒美と引退レースで2位の酒井絵美。2人は導かれるように宮古島大会で再戦を果たし、熱いレースを繰り広げた。


 9年ぶりに公式レースに戻った鷲津。練習再開に当たっては、酒井に指導を仰いだ。酒井は快く引退レースで戦うであろう強敵の復帰を歓迎。効率的に負荷を掛けるトレーニングの内容を余すことなく伝えた。


 図らずも、鷲津の現役復帰と酒井の引退レースが宮古島大会で重なった。鷲津が「運命を感じた」と振り返れば、酒井も「何かの縁を感じた」と語り、互いに強い結び付きを思った。


 レースは先行する鷲津を酒井が追う展開に。最終的に鷲津が逃げ切り、3度目の優勝を飾った。くしくも酒井の優勝回数と並んだ。


 鷲津は「酒井さんは『奈緒美が出ないと楽しくないんだ』と言ってくれた。奈緒美が出ると刺激になって楽しいと。レースに間に合って本当に良かった」と声を詰まらせた。


 2位でゴールする酒井をゴールで迎えると、2人は抱き合って互いの健闘をたたえ合った。


 敗れた酒井の表情はさわやかだった。「敗れたことは悔しいかな。でも良い意味ですっきりしている。彼女の復活がうれしかった」と笑った。「彼女から『長い間お疲れさま』という言葉があった。『長い間競技を続ける酒井さんのすごさを実感した』という言葉もいただいた。本当にうれしい言葉だった」と鷲津のねぎらいに感謝を込めた。


 宮古島大会で競い、力と技を高め合った2人。誰よりも好きな大会で、一つの区切りを迎えた。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2017年4月
    « 3月   5月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2