宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2017年4月29日(土) 9:05

きょうからゴールデンウイーク/児童福祉週間で各施設割引

 今年のゴールデンウイーク(GW)は、29日の「昭和の日」からスタートする。平日の5月1、2日の2日間を休むことができれば、9連休となる。子供の健やかな成長を願う「児童福祉週間」も5月5日から始まる(宮古福祉事務所管内は4月26日から)。週間中は市内の各施設が利用料金を割引などのサービスを実施する。


 市総合博物館は同週間中(4月29日、5月1、8日は休館日)、高校生以下の入館が無料。うえのドイツ文化村のリフレッシュパーク(プール)の利用料金が、中学生以下は350円が200円に割引になる。宮古島海中公園は5月5日は、海中観察施設の入園料金が島内在住の小中学生は300円が半額の150円になるなど、同週間にちなんだ割引料金が活用できる。


 児童福祉週間は子供や家庭、子供の健やかな成長について、国民全体で考えることを目的に、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間」と定め、児童福祉理念の普及、啓発のための各種事業を実施する。