2017年8月7日(月) 9:07

干潟で多彩な催し/サニツ浜カーニバル

水中駅伝で水しぶき


潮が満ち始めた干潟で力走する水中駅伝の参加者ら=6日、与那覇サニツ浜

潮が満ち始めた干潟で力走する水中駅伝の参加者ら=6日、与那覇サニツ浜

 干潟の祭典「第27回サニツ浜カーニバル」(主催・宮古島市など)が6日、下地の与那覇湾、通称サニツ浜で開かれた。約700㌶の広大な干潟を舞台に、水中駅伝や綱引き、宮古角力、10人11脚などが行われ、家族連れら市民は楽しい夏の一日を過ごした。開会式で川根心真君(下地小6年)が、参加選手を代表して「けがをしないよう、干潟の祭典を楽しみます」と元気よく選手宣誓をした。


 サニツ浜ふれあい広場の土俵では、宮古角力が行われ、久米島角友会も参加、一般や小学生が個人戦、団体戦で熱戦を繰り広げた。


 干潟競技はレディース綱引きで幕開け。パンダル50ccが8連覇を果たした。男子綱引きは宮古島まもり隊が初優勝を果たした。


 潮が満ちるのを待って、この日最後の競技として行われた水中駅伝は、途中で水しぶきを上げて転んでしまう選手もおり、会場から笑いを誘っていた。


 男女綱引きは、滑りやすい足元をものともせず、全員で力を合わせ、男女共こん身の力を込めて綱を引いた。選手の周りには応援団が付き、「頑張れ頑張れ」と声援を送っていた。10人11脚は仲間たちと息を合わせ、「イッチニ、イッチニ」とリズムを取りながらゴールを目指した。


 宝探しや乗馬体験も行われた。初めて乗馬体験をした高島糸玲七ちゃん(3)は「初めて馬に乗れて、楽しかった。また体験したい」と笑顔で話した。


 競技に先立ち行われた開会式で長濱政治副市長は「現在では地域住民、観光客が一体となって楽しめるイベントとして定着している。広大な干潟を舞台に繰り広げられる各競技を楽しみながら、祭典を十分に満喫してほしい」と、下地敏彦市長のあいさつを代読した。


 アトラクションとして下地のクイチャー、与那覇のヨンシーが披露され、全員が方言バージョンのラジオ体操で体をほぐした。

  • 宮古島の人口

    令和2年2月1日現在

    宮古島市 54,801 人
    27,611 人
    27,190 人
    世帯数 27,855 軒
    多良間村 1,126 人
    605 人
    521 人
    世帯数 513 軒
  • 天気


  •  

    2017年8月
    « 7月   9月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2