2017年9月5日(火) 9:01

【行雲流水】「お盆」

 ストゥガツ(旧盆)。3日(旧13日)は祖先を迎え、ごちそうを供え、旧15日のきょうは、夜遅く祖先の霊を送る▼


この行事は、祖先の霊を祭る宗教行事ではあるが、沖縄各地のエイサーや八重山のアンガマ、宮国の綱引きなどの行事や「盆と正月が一緒に来る」などの言葉があって、「まつり」の要素が大きい。まつりだから皆が一緒に楽しむ。島外で住んでいる家族や親せきも帰省、絆を実感し、深める機会にもなる


▼死後の世界に対するイメージや信仰心は人それぞれである。孔子は弟子の季路に答えて言った。「いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らん」。永六輔は書いている。「死者を覚えている人がいる限り、その人の心の中で生き続ける。最後の死は、死者を覚えている人が誰もいなくなった時である。でも人は歳月の中で亡くなった人のことを忘れがちである。だから、時々誰かと故人の思い出話をしよう」


▼世人の最大公約数的な感覚ではなかろうか。その意味で、お盆は生者と死者の交流の場と言えなくもない


▼霊を送る時は、道端で、ごちそうを供え、線香をあげて、送る。以前の「悪童」たちは、道の片隅で、うんちをして、木の葉で覆い、その上に線香をたいた。すると子どもたちが走ってきて、手さぐりで獲物を探した。いい香りのする思い出である


▼お盆は、農耕民族の和の文化を基底に持ち、排他的でなく、寛容に、厳しい戒律や教義を持つ宗教とさえ大方共存している。多様な価値観を理解し、尊重し合うことが、特に、今の世界では必要である。

  • 宮古島の人口

    令和元年8月1日現在

    宮古島市 54,728 人
    27,562 人
    27,166 人
    世帯数 27,657 軒
    多良間村 1,134 人
    605 人
    529 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2017年9月
    « 8月   10月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2