宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2017年9月5日(火) 9:03

最優秀に山城さん(うるま市)/エコマラソンTシャツデザイン

最優秀賞に決まった山城さんの作品を発表する平良実行副委員長(左から2人目)ら実行委員会のメンバー=4日、宮古島観光協会

最優秀賞に決まった山城さんの作品を発表する平良実行副委員長(左から2人目)ら実行委員会のメンバー=4日、宮古島観光協会

 10月29日に開催される第8回エコアイランド宮古島マラソンのTシャツデザインコンテストの審査が4日午前に行われた。その結果、応募45作品の中からうるま市在住でデザイン専門学校生の山城真那美さん(21)の作品が最優秀賞に選ばれ、今大会のTシャツデザインとして採用されることが決まった。


 作品タイトルは「Eco Island quest(エコ・アイランド・クエスト)」。ファミリーコンピューターなどのゲーム画面のようなタッチで、Tシャツ前面デザインには海と伊良部大橋、ランナーと応援する市マスコットキャラクターのみーや、宮古島まもる君が、背面には宮古島が描かれている。


 山城さんは同デザインについて「このマラソンをいろいろな人に楽しんでもらうためにはどういうデザインにしようかと考えた際、ゲーム風にしてはどうだろうと思った。宮古島のマラソンをゲームのように楽しくし、そしてTシャツをどんな世代でも着られる、そういうデザインにした」と説明する。


 審査終了後、宮古島観光協会で会見が開かれ、最優秀賞作品が発表された。大会実行委員会の平良勝之実行副委員長兼総務委員長は山城さんの作品について「過去7回のデザインとは全く違う形。インパクトが非常にあり、みんなによろこんでもらえ、自信を持って身に付けてもらえると思う」と語った。


 マラソン大会への参加申し込みは現在も受付中で、締め切りは今月8日。実行委員会では「まだ間に合うので申し込んで参加し、大会を盛り上げてほしい」と多数の参加を呼び掛けている。