宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2017年9月27日(水) 9:01

伊波ユキさん(101歳)(伊良部字前里添)

「伊良部の島」の歌が好き


伊波ユキさん

伊波ユキさん

 佐良浜フツ(方言)がはきはきして、性格は明るい。健康の秘訣(ひけつ)と楽しみは「皆と仲良く遊んで、歌を楽しく歌うこと」と歯切れよく話す。


 1番好きな歌は地元の「伊良部の島」。伊波さんは伴奏なしで9番まで歌い、仲間たちに感動を与えたりする。
 この歌は、佐良浜出身の本村英豪が昭和初めに作詞したと伝えられている。かつては佐良浜ではやった曲の一つ。


 伊波さんは「アキャウダ(仲買人)をやっていた時、平良の街から野菜やイモ、スイカなどをたくさん仕入れた」と懐かしむ。


 「連絡船が佐良浜漁港に着くと、幼い長男が迎えに来ていた。お土産のアメをあげると、とても喜んでね」と笑顔で語った。


 たくさんの商品は小さな体の頭上運搬で売り歩いた。坂道の上り下りで、体の足腰は鍛えられた。年齢に関係なく丈夫な体を維持することができた。


 今も眼鏡にはお世話にならない。「眼鏡を掛けないで新聞は読めるから楽しい」と声を弾ませた。


 子供1人、孫2人
 1916(大正5)年4月18日生まれ