宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2017年10月16日(月) 9:03

親子でケーキ寿司に挑戦

食農教育ワークショップ/JAおきなわ


参加者たちは県産野菜を活用してオリジナルの野菜ケーキ寿司を完成させた=15日、ファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」

参加者たちは県産野菜を活用してオリジナルの野菜ケーキ寿司を完成させた=15日、ファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」

 JAおきなわ食農教育ワークショップinみやこが15日、親子で作る「野菜のケーキ寿司」をテーマにファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」で行われた。午前と午後の部に分かれて21組の親子がオリジナルのケーキ寿司作りに挑戦した。

 参加者たちは、野菜ソムリエ上級プロの徳元佳代子さんの分かりやすい説明を受けながら、それぞれの工程を協力しながら世界に一つだけの野菜ケーキ寿司を完成させた。


 吉田姫花さん(平良第一小1年)は「おすしが大好きになので、とても楽しい。完成したら大好きな家族に食べてもらいたい」と笑顔になった。


 母親のゆかりさんは「親子で一緒に料理できるのでとても楽しい。これからは家でも一緒に料理できるようになればうれしい」と話した。


 参加者たちは、ケーキの上にハムや県産野菜のミニトマトやキュウリなどをトッピング。完成したおすしには「かわいい」「おいしそう」などの感想が聞かれた。