宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2017年10月28日(土) 9:05

きょう最接近の恐れ/台風22号

強風、高波に警戒呼び掛け


 台風22号は27日午後6時現在、沖縄の南にあって、発達しながら、1時間におよそ20㌔の速さで北北西に進んでいるとみられる。大陸の高気圧と台風間の気圧の傾きが大きく、今後台風の接近に伴い、28日は非常に強い北西の風が吹く見込み。予想される最大風速は18㍍、最大瞬間風速は30㍍。台風の進路によっては暴風となる恐れ。台風が予報円の中心を進むと、28日朝(午前6~9時)には宮古島の東約240㌔まで最接近する見込み。気象台は強風に十分注意し、気象、台風の最新情報に注意するよう呼び掛けている。



 台風の影響で28日の宮古島地方の沿岸海域は、うねりを伴い波の高さが6㍍と大しけになる予報。気象台は27日午後4時14分に波浪警報を発表し、海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に警戒するよう呼び掛けている。


 台風22号の中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25㍍、最大瞬間風速は35㍍。中心の北側440㌔、南側390㌔以内は風速15㍍以上の強い風が吹いている。


 24時間後の28日午後6時には奄美大島の南西約190㌔に達する見込み。