2017年10月31日(火) 9:01

【行雲流水】(快適な生活環境を)

 観光客が増えて喜ばしい。観光産業は他の職種への波及効果も大きいので、経済効果は大きい


▼一方で住民の生活環境に悪影響を与えるリスクがある


▼市民の中には、「海浜は誰のものか」という不満がある。砂山では、高校生たちがフォークダンスをしたり、バレーボールでパスを楽しんだものである。最近訪ねた人が、その変わりように驚いていた。吉野海岸への入り口となる道は1本しかない公道だが自由に通れない。その通りを「宮古島市指定駐車場」という看板をだしてある業者がほぼ占拠している。「カーナビにもある公道だから通ってもいいでしょう」といっても駄目の一点ばり。「不愉快な思いをしたので景色を見ずにUターンして帰った」。「海で不愉快な思いをしたのは初めて、宮古の恥だと思う」と観光客


▼現在も是正されていないのであれば一考を要する。沖縄県・海浜条例「海浜を自由に使用するための条例」では、「公衆の自由な海浜利用の確保」を謳っている


▼もうひとつ。新しい人権のひとつに環境権がある。「人々が良好な環境を享受する権利」である。具体的には「日照権」、「静穏権」、「眺望権」などをさす。静穏権は、静穏な生活環境を享受する権利である。ところで、静かな住宅地帯で、居酒屋やカラオケ店が進出。騒音被害を訴える市民は少なくない。八重山高校は沖縄青少年科学作品展で「石垣島の光害調査」を発表している


▼快適な生活環境保持のため、市当局も新選良も生活環境を総点検、対策を講じてほしい。市民も関心を持ちたい。

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年10月
    « 9月   11月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2