2017年11月19日(日) 9:04

花を求め市民どっと/市みどり推進課が安価で販売

大勢の市民が訪れお目当ての花苗や花木などを買い求めた販売会=18日、市みどり推進課のハウス・平良袖山地区

大勢の市民が訪れお目当ての花苗や花木などを買い求めた販売会=18日、市みどり推進課のハウス・平良袖山地区

 市みどり推進課による花や果樹、野菜などの苗の販売が18日、平良袖山地区の同課駐車場やハウスで行われた。市価より安価とあって販売開始前から大勢の市民が訪れ、お目当ての草花などを買い求めた。人気の草花は開始5分間で売り切れるなど、関心の高さをうかがわせた。


 販売は毎年、この時期に行われており、市民の間にすっかり定着している。同課では今後も継続して実施し、花いっぱい運動につなげたい考え。


 販売は午前10時からだが、中には1時間30分前に訪れる人もいて、開始直前には長い列ができた。


 販売したのはアボカドやマンゴー、モンキーバナナなどの苗木や、インパチェンス、マリーゴールド、ガザニアなどの花苗。


 ブロッコリーやトマト、カリフラワーなどの野菜苗のほか、サクラやハイビスカスなどの花木苗、イヌマキやクロトンなども販売された。


 会場ではみどり推進課の職員が、苗木の特徴や開花時期、収穫時期などの栽培方法を教えた。


 砂川弘子さん(66)は、孫の結海さん(小4)とともにインパチェンスとガザニアを買い求めた。飲食店前に花壇を造ったと言い「来店するお客さまを花で迎えたい」と笑顔だった。


 「森のバター」と呼ばれるアボカドの苗木を買った60代の男性は「以前に食べた味が忘れられない。今度は自分で育て収穫して味わいたい」と話した。


 みどり推進課の根間正三郎課長は「夫婦連れが多く、家庭で一緒に草花を育てたり、家庭菜園を楽しんでいる様子がうかがえる。育てる楽しさや収穫する喜びのお手伝いができればうれしい」と話した。

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2017年11月
    « 10月   12月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2