2017年11月30日(木) 8:56

御嶽にトイレ整備を/神と森シンポ

ツカサの輪番制も提言


パネル討論では積極的に意見・提言を述べた=26日、新里公民館(写真は佐渡山安公さん提供)

パネル討論では積極的に意見・提言を述べた=26日、新里公民館(写真は佐渡山安公さん提供)

 「新里の神・人・自然」をテーマにした第24回講演とシンポジウム(主催・宮古島の神と森を考える会、新里自治会、宮古伝承文化研究センター)が26日、上野地区の新里公民館で開かれた。参加者からは「女性のツカサ(司)たちが籠もって神に祈る御嶽には水道・トイレ整備が必要」「ツカサの選出は年齢を決めて輪番制(ツカサを交替する)にしておけば、一度はやらなければならないという気持ちになる」などと提案・提言した。


 考える会会長で明治大学教授の居駒永幸さんは「夏と冬の神歌」と題して基調講演した。居駒さんは「狩俣の祭祀では、ナツブーイ(夏穂祭り)という粟の収穫感謝祭とフユウプナー(冬の先祖祭り)に二分している。宮古島では少なくとも夏と冬の二季が祭祀のサイクルだった」と古層の季節観を説明した。


 考える会事務局長の佐渡山安公さんが「新里の祭祀」と題してビデオを上映。古くは年前の世乞い祭祀や豊年祭などが映し出された。貴重な映像には今は亡き友人や住民らが活躍し、参加者から感嘆の声が上がっていた。


 関西学院大学教授の島村恭則さんが「『伝承』とのつきあい方」と題して講演した。島村さんは「伝承は地域の人々にとって、地域のアイデンティティーや誇り、自信を育み、表現する。そして有用かつ必要なもの。それゆえに主体的に選択・活用され絶えず創造されてきた。伝承は人々の幸せのためにある」と力説した。


 パネル討論の司会は居駒さんと佐渡山さんが務めた。パネラーは島村さん、高橋皓子さん(元近畿大学芸術学科教授)、根間忠彦さん(カンカカリャ)、地元から新里幸俊さん(新里自治会長)、新里一志さん(現ピューイヌ主)、川満則子さん(現ユーザス)、川満悦子さん(現司屋ウプンマ)の7人。


 「新里の祭祀の現状と課題」をテーマに活発な意見・提案があった。


 新里幸俊さんは「ツカサを誕生させるのは自治会長の仕事であり、しかしなり手が少ないから大変。ツカサや部落行事を絶やしてはいけない」と述べ、現ツカサらの頑張りに感謝した。


 新里一志さんは「ツカサたちの負担を減らすことはできないかと考えて、年3回あったムルンを2回に、ミズダミは2回を1回に、ムギプーイ、アープーイ、芋ダミなどをまとめてムズフイ(農作物)ニガイと改めた。33回あった行事は28回まで減らした」と語った。


 川満則子さんは「部落のために、自分たちの健康のためにと喜んでやっている」と話した。

  • 宮古島の人口

    平成29年12月1日現在

    宮古島市 54,096 人
    27,018 人
    27,078 人
    世帯数 26,261軒
    多良間村 1,171 人
    631 人
    540 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2017年11月
    « 10月   12月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2