2017年12月1日(金) 8:59

雨漏りで競技2時間中断/市総合体育館

県民体育大会バレー、今後の大会誘致に懸念


県民体育大会先島大会のバレーボール競技で雨漏りがあり大会運営に支障を来した市総合体育館

県民体育大会先島大会のバレーボール競技で雨漏りがあり大会運営に支障を来した市総合体育館

 県民体育大会先島大会のバレーボール競技が行われた市総合体育館が、雨漏りのため競技が約2時間にわたり中断し、大会運営に支障が出たことが関係者の話で分かった。急きょコートを変更するなどして対応したが、地元関係者からは「今後は大きな大会を誘致することはできないのではないか」と懸念の声が上がっている。



 雨漏りは大会最終日の26日で、同体育館では男女の決勝戦など計6試合が予定されていた。


 現場にいた宮古バレーボール協会の役員によると、雨漏りは男子第1試合の途中から見られた。


 同試合は終了まで行われたが、第2試合は「このままプレーすると、選手にけがをさせる恐れがある」(地元関係者)ことから、いったん中断しコートを変更。女子は特別コートを作って行った。


 同体育館を管理する市民スポーツ課によると、県大会のような大きな大会の場合は事前に雨漏り箇所を調査し、天井裏にビニールシートを敷くなど対応してきたが、今回は事前調査では見つからなかったという。


 2年前には屋根の防水工事を行ったが、老朽化でボルト部分の腐食や建物側面のひび割れなども見られ、「全面的に雨漏りを止めることは難しい」と話している。


 同体育館は1984年1月に完成し築33年。市民スポーツ課によると合併協議会で確認された「新しい島づくり計画」ではリーディングプロジェクトの主要施策計画の一つに挙げられており、2020年度には改築計画がある。


 しかし、合併特例債の期間が同年度で終了することから「計画の見直しも必要になるのではないか」と話している。


 宮古バレーボール協会の仲間智理事長は「以前から雨漏りが指摘されており、大会前から心配だった。島外の監督から『ベンチで傘を差してもいいか』と言われ、とても恥ずかしい思いをした」と話した。


 「現状では、県レベルの大会を開催するには厳しい。選手を良い環境でプレーさせるには改築が望ましいが、既存施設をしっかりと整備することも重要ではないか」と語った。

  • 宮古島の人口

    令和元年5月1日現在

    宮古島市 54,579 人
    27,494 人
    27,085 人
    世帯数 27,537 軒
    多良間村 1,145 人
    615 人
    530 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年12月
    « 11月   1月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2