2017年12月7日(木) 8:58

安全衛生水準を指導/建設業合同パト

年末年始無災害運動


工事関係者らが案内した建設現場で合同パトロールを行った=6日、上野地区

工事関係者らが案内した建設現場で合同パトロールを行った=6日、上野地区

 年末年始無災害運動(12月15日~1月15日)の一環で、宮古労働基準監督署(宮國浩署長)と建設業労働災害防止協会沖縄県支部宮古分会(長田幸夫分会長)は6日、市内で建設業官民合同パトロールを実施した。署員や同分会の関係者ら10人余が参加。建設現場の安全衛生水準の向上などを指導し、ゼロ災害を願った。


 同署によると、県内での建設業における休業4日以上の死傷災害は今年10月末で156件と前年(107件)より49件増加。特に死亡災害が前年より3件増えて5件となり、憂慮すべき事態となっている。


 一方、宮古管内では、前年より1件多い6件発生している。死亡災害は発生していない。


 平良の建設会館前の出発式で、宮國署長は「パトロールにおいては、三大災害である墜落・転落災害、建設機械・クレーン等災害、倒壊・土砂崩壊災害の防止対策を中心に、現場の安全衛生管理状況の確認をお願いしたい」と述べた。


 長田分会長は「増加傾向に歯止めをかける労働災害取り組み事項などについて、関係協力会社を含め効果的に実施し指導してほしい」と激励した。


 参加者らは指さし呼称で「異常なし!ダブルチェック念入り」を確認した。この後、2班に分かれ、上野地区と平良地区の建設現場を合同パトロールした。

  • 宮古島の人口

    平成29年12月1日現在

    宮古島市 54,096 人
    27,018 人
    27,078 人
    世帯数 26,261軒
    多良間村 1,171 人
    631 人
    540 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2