2017年12月24日(日) 8:57

趣向凝らした催しに歓声/海族まつりがフィナーレ

魚の重さ当てクイズで正解者に贈られる新鮮なシイラ=23日、平良のパイナガマ海空すこやか公園

魚の重さ当てクイズで正解者に贈られる新鮮なシイラ=23日、平良のパイナガマ海空すこやか公園

 海族(かいぞく)まつりフィナーレ(主催・市、共催・宮古島観光協会、主管・同協会青年部)が23日、平良に新設整備された「パイナガマ海空すこやか公園」で初めて開催された。快晴の下、多くの家族連れが参加し、勇壮な太鼓演舞や新鮮な魚の重さ当てクイズなど、趣向を凝らしたイベントを満喫した。


 宮古の水産・観光振興・地域活性化に資する目的で開催された。4月の「宮古島の海開き」を皮切りに「全日本トライアスロン宮古島大会」「ビーチバレー宮古島大会」などのイベントを実施し、この日が今年のフィナーレとなった。


 特設舞台のオープニングは「男塾武-Doo」が音楽に合わせて力強い太鼓演舞を繰り広げた。観客らは、感動した様子で大きな拍手を送っていた。


 観光協会の豊見山健児会長が「今年も県内外に宮古島の海の安全をアピールすることができた」と開会を宣言した。


 下地敏彦市長は「1年を締めくくるイベントとなり、イベントをやって良かったと思う。年が明けた4月から再スタートする」と述べ、来場者に感謝の意を表した。


 次いで宮古の近海で取れたアカマチやアカジン、シイラ、キハダマグロなどの重さを当てるクイズを実施。正解者にはその魚が贈られ、歓声が響いていた。


 同青年部のメンバーが舞台からカラーボールを優しく放り投げた。番号が書かれたボールをゲットした人は「大当たり」と歓声が響いた。


 島尻夏子さん(34)=平良=は子供3人と一緒に参加。1番上の菜乃葉さん(10)は「大当たりを1個ゲットしたのでうれしい」と笑顔で話した。


 スペシャルゲストには人気上昇中の「沖縄雑技チョンダラーズ」が出演。コミカルな動きのパフォーマンスで観客らを魅了した。

  • 宮古島の人口

    平成30年7月1日現在

    宮古島市 54,072 人
    27,056 人
    27,016 人
    世帯数 26,654 軒
    多良間村 1,173 人
    628 人
    545 人
    世帯数 519 軒
  • 天気


  •  

    2017年12月
    « 11月   1月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2