2018年1月7日(日) 8:59

さらなる発展誓う/県建設業協会が「新春の集い」

宮古支部も参加


 

新春の集いで乾杯する下地会長(前列左から2人目)と長田支部長(同右から2人目)ら=5日、那覇市のザ・ナハテラス

新春の集いで乾杯する下地会長(前列左から2人目)と長田支部長(同右から2人目)ら=5日、那覇市のザ・ナハテラス

【那覇支社】県建設業協会(下地米蔵会長)の「新春の集い」が5日、那覇市内のホテルで催され、建設企業や国、県などの行政関係者ら約350人が出席した。宮古支部からも長田幸夫支部長ら会員13人も参加し、県内の建設業界のさらなる発展を誓い合った。



 下地会長は、昨年を振り返り「公共・民間工事とも堅調に推移して活況を呈した一方で、企業の人手不足が喫緊の課題となっている」と総括した。その上で、「適正な賃金水準の確保や処遇の改善、労働環境の整備による技能の継承などを図り、若者に魅力ある業界にしていきたい」と決意を新たにした。


 来賓の翁長雄志知事(代読・浦崎唯昭副知事)は「今年は、改定した沖縄21世紀ビジョン基本計画や実施計画を着実に実施し、沖縄振興をさらに加速させる取り組みを推進する。今後とも業界団体と課題を共有し、その対策に向けて連携を深めていきたい」と強調した。


 また、内閣府沖縄総合事務局の菊地春海次長もあいさつしたほか、新里米吉県議会議長による乾杯の音頭、出席者の懇談と続いた。


 新春の集いを終え、長田支部長は「宮古は伊良部大橋の開通やクルーズ船の寄港、民間・公共工事の増加などもあり、人手不足に陥っている。その解決に向けて宮古支部も働き方改革に取り組んでいる。今年も会員一丸となって飛躍の年にしたい」と意気込みを語った。

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2018年1月
    « 12月   2月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2