2018年1月11日(木) 8:57

宮古市から交流団来島/3泊4日体験交流

多良間の児童生徒が歓迎


受け入れ家庭の皆さんと記念撮影に収まる交流児童生徒ら=9日、村コミュニティー施設

受け入れ家庭の皆さんと記念撮影に収まる交流児童生徒ら=9日、村コミュニティー施設

 【多良間】多良間村と姉妹市村の岩手県宮古市の児童生徒ら10人が9日、多良間村に来島した。3泊4日の日程でホームステイをしながら体験交流を実施する


 村コミュニティー施設で行われた対面式で、伊良皆光夫村長は「ようこそ多良間島へ。多くのことを体験、経験して、いろいろな思い出をつくってほしい」と歓迎した。


 宮古市立花輪中学校の三浦秀明校長は「多良間と宮古市の心はいつもつながっている。たくさんのことを体験し、良い思い出ができることを期待する」とあいさつした。


 訪問団の大槌元稀君は「多良間島ではたくさんの料理を食べたい。たくさんの思い出をつくりたい」、前川桜子さんは「宮古市のことを伝えながら、多良間島の文化、自然を学び、宮古市に戻りたくさん紹介したい」とそれぞれ話した。


 多良間小学校の川上尚栄校長は「多良間島の人たちはいい人ばかり。多くのことを体験し良い思い出にしてほしい」と呼び掛けた。


 比嘉優作君(多良間中2年)は「多良間島の文化や自然をたくさん楽しんでほしい」と歓迎のあいさつを行った。


 岩手県宮古市との体験交流事業は、1859(安政6)年に宮古の善宝丸が76日間の漂流の末、多良間村の南海岸に漂着し、多良間島民の2カ月間の手厚い看護により、乗組員7人が無事に岩手県の宮古市に帰り着くことができたことが縁で、1978(昭和53)年に多良間中学校の生徒6人の交流学習を皮切りに続いており、今年度で30回を迎える。

  • 宮古島の人口

    平成30年6月1日現在

    宮古島市 54,017 人
    27,022 人
    26,995 人
    世帯数 26,606 軒
    多良間村 1,175 人
    630 人
    545 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2018年1月
    « 12月   2月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2