2018年1月16日(火) 8:54

【行雲流水】新成人の門出を祝う

 いつの時代でも、社会の未来を担うのは若者である。希望と不安を抱いて飛び立った新成人たちの門出を祝い、期待を寄せたい


▼ところで、新成人の出ていく社会には厳しいものがある。グローバル化はすすみ、あらゆる階層で格差が広がり、雇用の流動化が進んでいる。国の内外で、排外主義の風潮が高まり、「平和」の維持も心もとない。安心して学び、働き、自己実現をはかることはそう易しいことではない。しかし、社会の当事者として、試行錯誤しながらも、よき未来を展望しなければならない


▼その際、主体的な姿勢が求められる。たとえば、成人式には「振り袖」が無くても堂々と参加すればよい。できれば、記念になるイベントを立ち上げる行動力がほしい。ちなみに、石垣市白保では、新成人たちが、村民を集め、成人したことの喜びと、親や村人たちへの感謝を踊りで表現する行事を行っている


▼課題は、いかなる自己を選び取るかということである。詩人は詩でメッセージを寄せている


▼「どんな美しい記念の晴着も/どんな華やかなお祝いの花束も/それだけではきみをおとなにはしてくれない/他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ/自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ/でき上がったどんな権威にもしばられず/流れ動く多数の意見にまどわされず/とらわれぬ子どもの魂で/いまあるものを組み直し、つくりかえる/それこそがおとなの始まり/永遠に終わらないおとなへの出発点/苦しみと喜びの方法論だ」(谷川俊太郎)


▼新成人の幸せを祈るや切。

  • 宮古島の人口

    平成30年2月1日現在

    宮古島市 54,196 人
    27,095 人
    26,366 人
    世帯数 26,304軒
    多良間村 1,180 人
    636 人
    544 人
    世帯数 530 軒
  • 天気


  •  

    2018年1月
    « 12月   2月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2