2018年2月2日(金) 8:59

大神海運17年度輸送旅客実績 過去最高の3万3800人

大神島に観光客急増/パワースポットなど魅力


大神島(後方に浮かぶ島)と島尻漁港の間を運航する客船「スマヌかりゆす」=1日、島尻漁港から

大神島(後方に浮かぶ島)と島尻漁港の間を運航する客船「スマヌかりゆす」=1日、島尻漁港から

 宮古本島北部の離島、大神島への観光客が急増傾向で推移している。島尻漁港と大神島の間を運航する客船「スマヌかりゆす」(15㌧、伊佐正船長)を運営する大神海運(伊佐清正代表)がまとめた輸送旅客実績によると、2017年度(16年10月~17年9月)は前年度より5071人増え、過去最高の3万3805人を記録した。3万の大台に乗ったのは初めて。観光客を魅了するのは自然体験やパワースポットとされる。


 同社の会計年度は毎年10月から翌年9月まで。このため、輸送旅客実績はその年度に合わせて集計し、国や県、市などに報告している。


 同実績によると、2013年度までは1万人台を推移。14年度には初めて2万人を超えた。さらに17年度には初めて3万人台を突破し過去最多を更新した。


 伊佐代表は「今後とも観光客数は増加すると予想される。ここ数年、4月に開催される『大神島感動体験ツアー』に参加する観光客が多い。このツアーを楽しんだ翌日は『宮古島の海びらき』に参加するから、特に親子連れに人気が高い。今年も多くの親子連れが訪れると思う」と期待を込めている。


 伊佐船長は「航海安全が第一。いつでも安全、安心の運航を続ける」と気持ちを引き締める。


 島尻漁港から大神島までの直線距離は約4㌔。客船の航路は約5・5㌔で、片道所要時間は約20分。


 詳しい問い合わせは、大神海運(電話0980・72・5477)へ。

  • 宮古島の人口

    平成30年8月1日現在

    宮古島市 54,111 人
    27,053 人
    27,038 人
    世帯数 26,689 軒
    多良間村 1,176 人
    631 人
    545 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2018年2月
    « 1月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2