2018年2月5日(月) 8:57

緑の街角賞に荷川取さん/市民運動実践協グリーン部会

樹木と植物の調和が巧み


第35回「緑の街角賞」に選ばれた荷川取さんの庭(写真提供・3市民運動実践協議会グリーン部会)

第35回「緑の街角賞」に選ばれた荷川取さんの庭(写真提供・3市民運動実践協議会グリーン部会)

 市民の庭造りを評価して緑豊かな街づくりにつなげる第35回「緑の街角賞」(主催・宮古島市市民運動実践協議会グリーン部会)の審査結果の発表が3日、市みどり推進課であり、最高賞の「緑の街角賞」には荷川取秀一さん(平良東仲宗根)の庭が選ばれた。盆栽仕立ての色とりどりの樹木や、草本植物の調和が取れていることなどが評価された。


 緑化推進賞には川満昭男さん(平良東仲宗根)、植栽努力賞には福嶺雅春さん(平良西里)、緑の生垣賞には名嘉真清美さん(上野)がそれぞれ選ばれた。


 荷川取さんは1990年にアイデア賞を受賞。同部会の友利吉博部会長は「丹念に細かく手入れが行き届いている。塀が高く、外から庭を見ることはできなかったが、樹木が成長し、今では通りからも見られるようになった」と話した。


 審査は昨年12月10日と17日の2回行われた。同部会のメンバーが各地の家を一軒一軒回り▽樹木がよく成長し見栄えある庭造りをしているか▽気候風土や地域性に留意した緑づくりをしているか▽雑草の処理など日々の手入れが行き届いているか▽周辺の景観と調和した庭(緑)づくりをしているか-など10項目で審査した。


 友利部会長は全体の講評として「丹念に手入れをしている庭が多く見られた。『好きこそ物の上手なれ』を地でいっている感じ」と話した。


 「周囲からは35回も開催していることから『もうネタ切れではないのか』などと言われるが、そうでもない。若い夫婦が郊外に移り住んで、庭づくりに励んでいる。数年すれば、受賞候補に上がってくる」と期待した。


 友利部会長は、受賞宅の周辺が相乗効果で緑が増えていることや、トライアスロン大会が近づくとコース添いを花で彩っていること、市みどり推進課が草花などを安価で提供していることを上げ「緑の創出に、市民の意識が高まっている」と話した。

  • 宮古島の人口

    平成30年5月1日現在

    宮古島市 54,052 人
    27,039 人
    27,013 人
    世帯数 26,625 軒
    多良間村 1,175 人
    630 人
    545 人
    世帯数 519 軒
  • 天気


  •  

    2018年2月
    « 1月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2