2018年2月8日(木) 8:56

「空手ジェット」就航/JTA

宮古便でも毎日1往復


関係者で行った「空手ジェット」序幕式=7日、那覇空港(JTA提供)

関係者で行った「空手ジェット」序幕式=7日、那覇空港(JTA提供)

 【那覇支社】日本トランスオーシャン航空(JTA、本社那覇市、丸川潔社長)は7日、沖縄が空手の発祥地であることをアピールする特別デザイン機「空手ジェット」2機を就航させた。同日午前には関係者らによる除幕式が行われたほか、夜には初フライトで宮古空港に到着した。同社は、那覇-宮古便で空手ジェットを毎日1往復で運航する予定としている。


 空手ジェットは、同社が沖縄県から受託した広報事業の一環として実施するもの。737-800型機(座席数165席)に、「空手発祥の地 沖縄」「OKINAWA THE BIRTHPLACE OF KARATE」とプリントされている。


 序幕式では、空手の喜友名諒選手らによる演武も披露された。空手ジェットは約半年間、宮古便を含む県内・県外路線で運航する予定。


 JTAは「東京2020オリンピックに向けて空手を盛り上げるほか、スポーツツーリズムの推進にも取り組む」としている。

  • 宮古島の人口

    平成30年2月1日現在

    宮古島市 54,196 人
    27,095 人
    26,366 人
    世帯数 26,304軒
    多良間村 1,180 人
    636 人
    544 人
    世帯数 530 軒
  • 天気


  •  

    2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2