2018年2月14日(水) 9:00

一般会計予算案371億円/市18年度

前年度比11億円の減/新規にムイガー展望整備など


一般会計当初予算案の構成

一般会計当初予算案の構成

 宮古島市は13日、2018年度一般会計当初予算案を発表した。総額は371億400万円で、前年度当初に比べて11億6800万円(3・1%)減となった。農業基盤整備費や土木費で県からの補助金減少、一括交付金の減額などが要因。平良港総合物流センター整備事業やムイガー展望施設整備事業などを新規で盛り込んだ。市は「幅広い分野に行き渡るように予算配分を行った」と述べた。3月2日開会予定の市議会に提案する。


 歳入全体に占める自主財源の構成比は前年度比1・8%増の19・1%となったが、残りの80・9%は依存財源で国や県に頼らざるを得ない状況に変わりない。


 自主財源の柱である市税は、前年度比3・7%増の50億4600万円を計上。歳入全体の13・6%を占める。


 依存財源の地方交付税は、前年度比4・8%減の120億6400万円。普通交付税が段階的減額の3年目に当たり、5億8400万円の減、特別交付税は2000万円の減となった。


 国庫支出金は、前年度比10・2%増の61億8800万円となったが、県支出金が前年度比20・9%減の58億6600万円となった。農業基盤整備補助の減など、県の事業採択の縮小などで影響を受けた。


 借金に当たる市債は、前年度比3・1%減の44億8700万円で、歳入全体に占める割合は12・1%だった。


 毎年持続して固定的に支出される経常的経費は、前年度比0・66%減の256億5100万円。内訳は▽人件費57億1100万円(前年度比350万円増)▽物件費58億9100万円(同1億4300万円減)▽扶助費82億3700万円(同2億4200万円増)▽補助費等20億2200万円(同3億9700万円減)▽公債費36億4400万円(同6400万円増)-。


 公共施設の整備に充てる投資的経費は、前年度比5・88%減の87億1800万円。そのうち、国、県の補助事業費は64億8400万円(前年度比4億1200万円増)、市の単独事業費は17億300万円(同8億1500万円減)だった。

  • 宮古島の人口

    平成30年8月1日現在

    宮古島市 54,111 人
    27,053 人
    27,038 人
    世帯数 26,689 軒
    多良間村 1,176 人
    631 人
    545 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2018年2月
    « 1月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2