2018年3月10日(土) 8:55

キビ収量 下方修正/17-18年産

2万㌧減で33万㌧台に


 宮古地区製糖3工場は9日までに、2017-18年産サトウキビの収量を下方修正した。これに伴い、地区全体の収量は当初見込んだ35万㌧より約2万㌧少ない33万㌧前後になる見通しだ。減産の要因はさまざまだが、自然災害による反収の落ち込みなどが響いているものとみられる。


 各社残量調査を実施して修正した。沖縄製糖宮古工場は、当初見込んだ13万3500㌧より1万㌧少ない12万㌧台に変更した。


 宮古製糖城辺工場は当初見込みの収量12万5000㌧から約8000㌧、同伊良部工場は当初6万5000㌧から約4000㌧をそれぞれ下方修正した。


 唯一、同多良間工場は500㌧上方修正した。


 減産要因として挙げられるのが気象条件だ。7~8月の干ばつや、9月の台風直撃でサトウキビの生育が鈍化。特に干ばつは、株出しの初期生育に大きな影響を与えたとみられる。生育初期の病害虫被害も減産を招いた要因の一つだ。


 栽培期間も少なからず影響している。今の宮古地区の作型は株出しが全体の6割以上を占め、1年1産が主流になりつつある。このため、各社の製糖操業期間と密接に関係。操業が長引くほど管理が遅れ、生育期間が短くなるためだ。


 昨期は宮糖の城辺と多良間が4月上旬、沖糖と宮糖伊良部は5月まで操業しており、株出し管理が後ろにずれ込んだ圃場がある。


 こういった課題への対応が必要だが、収穫の8割が機械刈りという宮古地区での操業期間は天候(雨天時の機械刈り制限で)に左右されるところが大きい。収量に応じた操業期間の設定が大きな課題となる。


 これらの要因に加え、株出し管理の不徹底が反収減を招いているという見方もある。今期の株出し栽培の反収(10㌃当たり収量)は5㌧を下回るとみられ、前期の6・9㌧と比べて大幅に減産する見通しだ。


 収穫した後の株ぞろえや施肥、補植、除草、株の適時更新といった作業の徹底が求められている。

  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2018年3月
    « 2月   4月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2