宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2018年3月21日(水) 8:56

琉大1745人が卒業・修了

大城学長「寛容の精神と英知持て」


1745人が卒業・修了した琉大卒業式=20日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター

1745人が卒業・修了した琉大卒業式=20日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター

 【那覇支社】琉球大学(大城肇学長)の2017年度卒業式・大学院修了式が20日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで行われ、学部・大学院生の計1745人が、祝福を受けながら希望を胸に社会へと巣立った。学部1484人、専攻科6人、大学院236人、専門職学位19人が卒業・修了した。


 大城学長は学部と研究科の代表者に卒業証書を手渡した後、「多様性を受け入れ、社会的弱者に手を差し伸べることのできる寛容の精神と創造的英知をもって、日々起こる経済社会問題にしっかり向き合い対処してほしい」と激励した。


 卒業生を代表して、石原春菜さん(農学部亜熱帯農林環境科学科)が答辞で「4年間で培ってきたものを思い出して、一つ一つ壁を越えて行き、日々の努力を忘れずに、描いている夢が花開くその時まで、一歩ずつ着実に歩み成長を続けたい」と決意を述べた。


 式典の終了後、会場周辺では歓声で迎えられた卒業生たちが、後輩から胴上げされたり花束を贈られたりして祝福を受けていた。