2018年4月5日(木) 9:00

モズク収穫が最盛期/西原地区

漁師ら豊作でホクホク

 

収穫したばかりの養殖モズクをトラックに積み込む池田さん=4日、大浦船だまり

収穫したばかりの養殖モズクをトラックに積み込む池田さん=4日、大浦船だまり

 平良大浦湾で2017年度産の養殖モズクの収穫が最盛期を迎えている。西原モズク生産グループは3月下旬に今期産を初収穫以来、新年度をまたがって連日10㌧余を水揚げ。同グループの池田博次さん(65)は「天候に恵まれ、今年は5年ぶりの豊作だ」とホクホクの笑顔で語る。モズク収穫は5月中旬まで行われる予定。
 


 宮古島漁協(渡真利一夫組合長)の17年度事業計画書によると、前年度に扱ったモズク実績は総量417㌧、販売高9400万円。今年度の取扱量は210㌧を計画しているが、その計画を超える増産が期待されている。
 

 同漁協には同グループのほかに、狩俣モズク生産グループ、久松モズク生産グループが所属している。
 

 15日の「モズクの日」を前に、西原モズク生産グループは収穫作業に精を出している。連日1隻当たりの漁船に数人が乗船し、計10隻が一斉に養殖場に向かう。
 

 漁師らは潜って専用のポンプで養殖モズクを吸い上げ、船上のコンテナに詰め込む。各漁船とも1㌧以上を目安に積載し、平良港湾区域にある「大浦船だまり」に水揚げする。一般に呼ばれる「大浦漁港」は正式名でない。
 

 トラックに積み込まれた養殖モズクは、同漁協近くにある加工施設へ運ばれ、選別後、多数の一斗缶に生詰め・塩詰めされる。
 

 池田さんは4日午前、収穫したばかりの養殖モズク1㌧を大浦船だまりに水揚げ。「養殖モズクは豊作に恵まれ、全収穫量の予想がつかない」と強調した。

  • 宮古島の人口

    令和元年12月1日現在

    宮古島市 54,792 人
    27,602 人
    27,192 人
    世帯数 27,848 軒
    多良間村 1,127 人
    604 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2018年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2