2018年4月5日(木) 8:57

日本一小さいクサゼミ

早くも「ジージー」
 

葉にしがみついて鳴くイワサキクサゼミ=4日、平良(伊良波彌撮影)

葉にしがみついて鳴くイワサキクサゼミ=4日、平良(伊良波彌撮影)

 イワサキクサゼミが4日、平良北部地域の草むらで「ジージー」と体を震わせながら鳴いているのが確認された。セミの仲間では日本で最も小さいセミ。宮古ではさわやかな春の季節を迎える。
 


 この日は、多良間村仲筋で午後0時44分に26・4度の最高気温を観測。4月下旬並みの気温。宮古空港(鏡原)では最低気温19・4度を記録した。
 

 セミの腹部はオレンジ色で、羽の脈は緑色。全長2㌢ほど。
 

 4日午前に確認されたイワサキクサゼミは2匹で、葉の上で腹部を持ち上げ「ジージー」と鳴いていた。
 

 沖縄本島の一部地域、久高島、宮古・八重山に分布する。
 

 きょう5日は二十四節気の「清明(せいめい)」。春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」を略したもの。沖縄本島などでは「清明祭(シーミー)」と言い、先祖の墓に親戚が集まり、酒や重箱に詰めた料理を供えて供養する習慣がある。

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2018年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2