2018年4月10日(火) 8:54

【行雲流水】(新学期に)

 四月。新学期が始まり、保育所や幼稚園、各学校では新入生を迎えた。これから、各ステージでの児童生徒の発達課題を充足させたい


▼保育所では、入所式の日、子供たちの泣き声のコーラスが響いた。泣き声が連鎖したのだろう。子供たちの共同生活への産声である。今年四月から施行される新しい指針では、保護者・家庭や地域との連携した子育て支援と、児童教育の積極的な充実が保育所に求められる

▼幼稚園について、先にロバート・フルガムの著書「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」が世界的に反響を呼び、幼稚園教育の重要性を改めて意識させた。内容は、何でもみんなで分け合うこと、ズルをしない、人をぶたないことなど、当たり前のことだが、それをきちんと身につけさせることが大切


▼♪「一年生になったら、友だち100人できるかな」と憧れた小学校。教科の学習も始まる。かばんの重さも誇らかに


▼中学生には、知・徳・体のバランスのとれた生活を保障したい。例えば、スポーツ庁が、中学の運動部の部活動について、平日2時間、土日は3時間以内とし、週2日以上の休養日を設ける指針案に沿って


▼今日、高校教育の水準の維持と専門性の確立が喫緊の課題とされる。また、高校時代は、人間関係や進路のことなど青年期特有の問題に直面する。彼らが自我を確立、自己肯定感を持って積極的に生きるよう育む教育が必要。教師と生徒の触れ合いを密にしたい。生徒同士が切磋琢磨(せっさたくま)する雰囲気をつくりたい。(空)

  • 宮古島の人口

    平成30年10月1日現在

    宮古島市 54,110 人
    27,085 人
    27,025 人
    世帯数 26,731 軒
    多良間村 1,170 人
    627 人
    543 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2018年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2