2018年4月14日(土) 8:57

キビ畑に恵みの雨/宮古島地方

平良下里で92㍉観測


まとまった雨を観測した宮古島地方。サトウキビにとっては恵みの雨となった=13日、市上野のサトウキビ畑

まとまった雨を観測した宮古島地方。サトウキビにとっては恵みの雨となった=13日、市上野のサトウキビ畑

 13日の宮古島地方は各地でまとまった降水量を観測した。午前0時から午後6時までの総雨量は平良下里で92㍉、先月20日に21㍉を観測して以来の2桁降水量となった。サトウキビの株出しや春植え栽培の圃場にとっては恵みの雨に。生産農家は「最高の雨だ」と次期豊作に期待を込めた。


 気象台によると、南から湿った空気が流れ込んだ影響で雨が降った。局地的に発達した積乱雲が宮古島にかかったこともあり、特に平良で強い雨を観測した。


 宮古各地の雨量は▽平良下里92㍉▽平良鏡原74・5㍉▽城辺54㍉▽下地島空港28・5㍉▽多良間仲筋40㍉-。各地で2桁降水量を観測した。1時間の最大降水量は平良の32・5㍉。


 宮古島は先月下旬から雨が少ない傾向にあった。4月に入っても11日の4・5㍉が最高で、株出し管理や春植えのサトウキビ畑では水が求められていた。


 この状況下、13日は全域で雨が確認された。圃場を十分に潤す降水量で、特にサトウキビ農家は「恵みの雨だ」と口をそろえた。


 城辺さとうきび生産組合長の照屋秀雄さんは「まさに干天の慈雨」と喜び「水が本当にほしかった。この雨は大変ありがたく、株出しや春植えの萌芽にも十分効果がある」と話した。


 糖業関係者も「大変良い雨だ」とコメント。一部ではロール現象手前だったサトウキビも回復するとみている。沖縄製糖の砂川玄悠専務は「恵みの雨だ。芽出しにとって、とても良い雨になった」と話した。

  • 宮古島の人口

    平成30年7月1日現在

    宮古島市 54,072 人
    27,056 人
    27,016 人
    世帯数 26,654 軒
    多良間村 1,173 人
    628 人
    545 人
    世帯数 519 軒
  • 天気


  •  

    2018年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2