宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2018年4月22日(日) 8:57

再会に感激、エール送る/トライ選手と交流10年

マティダ東FC


交流会で記念写真を撮影するトライアスロン選手とマティダFCのメンバーら=21日、東小学校

交流会で記念写真を撮影するトライアスロン選手とマティダFCのメンバーら=21日、東小学校

 少年サッカーチーム・マティダ東フットボールクラブ(FC)のメンバーたちと沖縄本島から全日本トライアスロン宮古島大会に出場する選手4人との交流会が21日、東小学校で開かれた。今回で10年目を迎える交流会で選手たちは再会に喜びを示した。子供たちは選手を激励した。


 交流会に参加した選手は金城伸也さん(49)=うるま市、謝花喜彦さん(48)=同、浜比嘉正人さん(53)=沖縄市、當銘伸吾さん(39)=名護市。4人は「皆さんと会えることを楽しみにしてきた」と再会を喜ぶとともに「レース中に見掛けたら声を掛けて」や「一生懸命に楽しみたい」、「また一緒に交流できることを願って頑張りたい」などと語った。


 子供たちを代表して6年生が「諦めず、苦手な種目を乗り越えて、けがなくゴールを目指して頑張って」や「完走して格好いいストロングマンになって」、「練習の成果を発揮して完走を目指して」などと選手を激励した。


 そのほか手押し相撲や椅子取りゲームなどを楽しんだ。


 マティダ東FCメンバーの父親で今年のトライアスロン大会に出場する新城博正さん(44)も交流会に参加した。