2018年4月26日(木) 8:52

名護市/着工1年、抗議集会

辺野古移設の護岸工事


 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設で、護岸工事の着工から1年となった25日、移設に反対する市民らが米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議集会を開いた。主催者発表で約800人が参加し、抗議の声を上げた。


 ゲート前では資材の搬入を阻止するため、市民らが朝から座り込みを続けた。うるま市の無職具志堅興吉さん(80)は「大きな力に対して黙っているのは屈辱的。反対だと声を上げ続けていく」と話した。


 集会には稲嶺進・前名護市長(72)も参加。「ただ怒りだけ。国は県の指導にも応えない。正当な手続きで工事をしているのか」と語った。


 ゲート前では23日から連日、市民らが抗議集会を開催。埋め立て海域周辺でもこの日、約240人がカヌーなどに乗り、水上で抗議した。


 政府は昨年4月、辺野古沿岸部の埋め立て海域を囲む護岸工事に着手。今夏には土砂を投入し、埋め立てを予定している。翁長雄志知事は移設工事の阻止に向け、埋め立て承認の「撤回」を行うと明言したが、自らの健康問題もあり見通しは立っていない。

  • 宮古島の人口

    平成30年5月1日現在

    宮古島市 54,052 人
    27,039 人
    27,013 人
    世帯数 26,625 軒
    多良間村 1,175 人
    630 人
    545 人
    世帯数 519 軒
  • 天気


  •  

    2018年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2