2018年4月29日(日) 8:58

4工場の搬入総量32万㌧/17-18年産キビ

前年比11万㌧の大幅減


各工場別操業実績

各工場別操業実績

 宮古地区の2017-18年産サトウキビ搬入が28日、宮糖伊良部工場を最後に終了した。4工場を合わせた総搬入量は32万1893㌧で、過去2番目に豊作だった前年の43万5563㌧に比べ11万3670㌧と大幅に減少した。平均糖度は13・86度で、基準糖度帯(13・1度~14・3度)に達しているものの前年度高品質だった15・76度を1・9度下回った。


 今期のキビ製糖は宮糖伊良部、多良間、城辺の3工場が昨年12月にいわゆる「年内操業」を開始。沖糖宮古工場も1月5日にスタートした。


 当初の搬入量は35万㌧が見込まれていたが、生育初期の病害虫被害や昨夏の干ばつ、台風などの気象条件が影響したことから、各社が下方修正した。


 全体の6~7割が株出し栽培であることから、株を立てた後の管理不足も少なからず影響したとみられる。


 品質も伸び悩み、後半は持ち直したものの平均糖度は宮糖伊良部の14・29度が最高で、宮糖城辺、同多良間は13度台だった。

  • 宮古島の人口

    令和元年8月1日現在

    宮古島市 54,728 人
    27,562 人
    27,166 人
    世帯数 27,657 軒
    多良間村 1,134 人
    605 人
    529 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2018年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2