2018年5月12日(土) 8:57

県大会上位選手がずらり/本社杯

きょう全宮古小・中卓球大会


 宮古毎日新聞杯第20回全宮古小・中学生卓球大会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古卓球連盟)は12日、市総合体育館で行われる。小学生15人、中学生17人が出場。小学生はシングルス、中学生はシングルス、ダブルスでそれぞれ熱戦を展開する。開会式は午前9時30分から同体育館で開催する。


 今大会には、今年1月の県中学新人選手権・全国中学選抜大会県予選で、団体3連覇を達成した平良中のメンバーが出場する予定だ。


 メンバーの中には、同大会男子個人戦準優勝の兼島幸祐ら強豪がひしめいており、予選リーグからレベルの高い戦いが繰り広げられそうだ。


 前々回、前回とシングルスで優勝した横田恵叶が高校に進学したため、新チャンピオンの誕生にも注目が集まる。


 女子は砂川風子(平良)が連覇を狙う。県新人大会個人戦で優勝した宮國悠乃(同)とのハイレベルな試合が期待されている。


 一方、小学生は男女統一で行われる。連覇が懸かる砂川藍衣(北)は、4月の全農杯2018年度全日本選手権大会・第23回全九州選手権大会県予選女子ホープスの部で3位に入賞しており、今大会での優勝候補の一人。


 そのほか、全農杯小学2年生以下男子バンビの部で優勝した上地優徳(南)、小学5、6年生の男子ホープスの部で優勝した方祥人(平良第一)、女子の部を制した狩俣あい梨(同)がそれぞれ出場する予定で激しい優勝争いが展開されそうだ。


 また、同大会3、4年生男子カブの部準優勝の上地悠生(南)、女子ホープスの部3位入賞の池間優衣(平良第一)もそれぞれ優勝を狙う。


 大会は、現行の日本卓球ルールを適用し、シングルス、ダブルスともに予選リーグを勝ち上がった上位選手が、決勝トーナメントで対戦する。

  • 宮古島の人口

    平成30年10月1日現在

    宮古島市 54,110 人
    27,085 人
    27,025 人
    世帯数 26,731 軒
    多良間村 1,170 人
    627 人
    543 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2018年5月
    « 4月   6月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2