2018年5月12日(土) 8:55

5・15平和行進始まる

復帰46年 県庁前で出発式


県庁前県民広場から平和行進をスタートする参加者=11日、那覇市

県庁前県民広場から平和行進をスタートする参加者=11日、那覇市

 【那覇支社】日本復帰46年目を前に、「第41回5・15平和行進」(主催・同実行委員会、沖縄平和運動センター)の南部・戦跡コース出発式が11日、県庁前の県民広場で開かれた。労働組合や平和団体など約300人が参加し、糸満市のひめゆりの塔を目指して行進をスタートした。


 出発式で、主催者を代表して同センター副議長の比嘉京子県議が「これから行く先は、沖縄戦での激戦地。沖縄戦の負の遺産として、今でも不発弾の処理や遺骨の収集などの問題が残っている。行進を通して、想像力を働かせながら平和の尊さを実感してほしい」とあいさつした。


 那覇市の城間幹子市長は「沖縄戦での先人たちの悲しい、苦しい思いと共に、平和に対する思いを心に刻んで、恒久平和を願う県都の市長として、平和の尊さを次世代に伝えていくことを固く誓う」と述べた。


 このほか、沖教組・組織部の下地林部長が「沖縄戦を生き抜いた先輩たちに感謝しながら、今の世界は平和なのかを考え、参加するそれぞれの思いを、みんなで共有しながら行進しよう」と決意表明した。


 沖縄本島での平和行進は、「南部・戦跡コース」と「中北部・基地コース」で平和の尊さや辺野古移設反対などを訴えるほか、最終日の13日には、各コースの参加者合同で米軍普天間基地を周回した後、宜野湾海浜公園の屋外劇場で、「平和とくらしを守る県民大会」を開催する。


 宮古地区では、きょう12日に平和運動センター宮古島(下地朝夫議長)主催による「宮古島5・15平和行進」が実施される。

  • 宮古島の人口

    平成30年5月1日現在

    宮古島市 54,052 人
    27,039 人
    27,013 人
    世帯数 26,625 軒
    多良間村 1,175 人
    630 人
    545 人
    世帯数 519 軒
  • 天気


  •  

    2018年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2