2018年5月16日(水) 9:00

翁長知事、膵がん公表

退院も当面静養/知事選出馬は明言避ける


退院後、県庁で記者会見する翁長雄志知事=15日、県庁

退院後、県庁で記者会見する翁長雄志知事=15日、県庁

 【那覇支社】翁長雄志知事は15日午前、浦添市の病院を退院し、同日午後には県庁で記者会見を開いた。会見では、膵臓(すいぞう)に見つかり手術で摘出した腫瘍が、ステージ2の膵がんだったことを明らかにした上で、早期の公務復帰に意欲を示した。11月に想定されている県知事選への出馬については、明言を避けた。


 翁長知事は、人間ドックなどで3㌢大の腫瘍が膵臓に見つかり、4月21日に摘出手術を受けていた。膵臓周囲のリンパ節に転移が見つかったが、同じ手術で切除したという。その後は順調に回復したことから、退院に至った。


 会見で翁長知事は、「一日も早く公務に復帰し、与えられた知事としての責任を全うしたい」と述べた。また、「定期的に通院し、抗がん剤治療を合わせて検査していきたい」とも語り、公務復帰と治療を並行させる方針を示した。


 摘出した腫瘍が悪性だったことへの感想は、「那覇市長のころ、胃がんで摘出手術を受けている。今回は膵がんだが、冷静に受け止めて治療に全力を傾けたい」と答えた。


 県知事選への出馬に関しては「公務をしっかり行うのが一番の眼目で、その中で負託に答えていきたい」と述べるにとどめた。翁長知事は、これまでも県知事選への出馬について態度を表明しておらず、膵がんとの診断で今後の動向が注目される。


 一方、かりゆしグループオーナーで沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長は、会見を受けて県庁で記者団に対し「心配していたが、体力の回復を待てば十分できると思う」との感想を述べた上で、知事の2期目出馬について「当然だ」と語った。

  • 宮古島の人口

    平成30年5月1日現在

    宮古島市 54,052 人
    27,039 人
    27,013 人
    世帯数 26,625 軒
    多良間村 1,175 人
    630 人
    545 人
    世帯数 519 軒
  • 天気


  •  

    2018年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2