2018年5月22日(火) 8:59

平良中 男女のダブルス制す/県中学生卓球

宮國悠乃は2冠達成/7月の中体連向け弾み


県中学卓球で活躍した(左から)砂川風子、宮國悠乃、本村葵、兼島幸祐、牧志侑武=21日、宮古空港

県中学卓球で活躍した(左から)砂川風子、宮國悠乃、本村葵、兼島幸祐、牧志侑武=21日、宮古空港

 卓球の第35回県中学生大会が19、20両日、豊見城市民体育館で行われ、男子ダブルスは平良の本村葵・兼島幸祐組が優勝、女子ダブルスも平良の宮國悠乃・砂川風子組が制した。女子の宮國はシングルスも勝ってこの大会2冠を達成。男子シングルスでは本村と牧志侑武が3位に入賞した。男子メンバーは、団体4連覇を懸ける7月の県中体連に向けて弾みを付けた。


 男子ダブルスで過去2大会連続準優勝の本村・兼島組は念願の頂点に。準決勝は2セットを連取されながらも逆転勝ちに成功し、フルセットまでもつれた決勝は気迫で制して見せた。


 本村はシングルスでも活躍。牧志とともに準決勝まで駒を進めたが、決勝進出はならなかった。


 一方、女子の宮國・砂川組は安定感抜群のプレーが光った。準決勝、決勝ともに対戦相手をストレートで下して優勝した。宮國はシングルスでも快勝した。


 平良中卓球部主将の本村は「ダブルスの決勝は、相手のペースに巻き込まれないようにプレーした。勝ち切れて良かった」と喜びを話した。ただ、「シングルスを取れなかったのが本当に悔しい。県の中体連では団体戦で4連覇し、シングルスも取りたい」と明確な目標を語った。


 女子宮國は「前回悔しい思いをしていたので優勝したかった。しっかり攻め切れた」と自身のプレーに合格点を与え、「中体連も優勝して九州大会に進み、上位に入って全国大会に出場したい」と意気込んだ。


 平良中のメンバーは21日に帰島し、空港で父母らから盛大な祝福を受けた。


 父母を代表して牧志広美さんが「それぞれ自分の目標に向かって頑張った大会だと思う」とたたえ、「夏の大会(中体連)の連覇は簡単にはいかない。7月までしっかり練習し、達成してほしい」と期待した。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2018年5月
    « 4月   6月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2