2018年6月8日(金) 8:56

今年も企画・特別展開催/市総合博物館

協議会委員10人に委嘱状/来年は新館計画


委嘱状を交付された後、今年度事業計画などを全会一致で承認した市総合博物館協議会=6日、市総合博物館

委嘱状を交付された後、今年度事業計画などを全会一致で承認した市総合博物館協議会=6日、市総合博物館

 市総合博物館協議会が6日、同博物館で開かれ、企画展や特別展、各種講座、子ども博物館などを盛り込んだ2018年度事業計画などを全会一致で承認した。同博物館の運営に関し、館長の諮問に応じたり、意見を述べたりする協議会委員10人に委嘱状を交付。会長には下地和宏さん(市史編さん委員長)、副会長には稲福政斉さん(沖縄国際大学・沖縄大学非常勤講師)がそれぞれ選任された。同館は来年11月に開館30周年を迎える。市は新博物館建設計画を進めている。


 協議会では、17年度実施事業報告や18年度事業計画などの説明があった。


 このうち、18年度事業計画では、戦後日本を代表する写真家の一人、東松照明氏が46年前に撮影した宮古島の風景写真などを展示する企画展を8月10日~9月16日まで開催する。


 また、市内小学4~6年生を対象に島の歴史や自然などを体験、観察する「子ども博物館講座」は現在行われていて、来年2月までの計6回実施する。


 調査研究は▽字の調査▽宮古上布の技術者から産業としての宮古上布最盛期の聞き取り▽紙芝居作り▽宮古そば調査-を実施する。


 協議会委員に委嘱状交付後、あいさつした宮國博教育長は、同協議会の趣旨や意義などを紹介した上で「新しい博物館を建設する計画がある。博物館の在り方についても意見を頂きたい。規模ではなく、高い機能を持つ博物館にしていきたい」と協力を呼び掛けた。


 下地明生涯学習部長は、来館者は年々増え、昨年度は1万6670人だったことを説明し「新博物館の構想もある。いろいろな分野からの貴重な意見を頂き、誰にも愛される博物館を運営していきたい」と話した。


 会長に選任された下地さんは「博物館は文化の殿堂。これだけ多くの資料を市民にどう提供するかが課題」などと述べ、今後2年間、委員と共に博物館運営に知恵を出し合って取り組む決意を示した。


 委嘱状を交付された市総合博物館協議会委員は次の皆さん。(任期は2年間。カッコ内は専門分野、所属)


 【学識経験者】下地和宏(考古、市史編さん委員長)=新任▽仲地邦博(自然、宮古野鳥の会会長、市史編さん委員会委員)=再任▽瑞慶山昇(美術、元県立博物館・美術館副館長)=再任▽小禄裕子(民俗、元市総合博物館学芸員)=再任▽稲福政斉(民俗、沖縄国際大学・沖縄大学非常勤講師)=新任▽岩本大輔(工芸、元市生涯学習振興課文化財係嘱託職員)=新任
 【学校教育】乾邦夫(下地小校長)=新任▽砂川誠(市教育委員会学校教育課指導主事)=新任
 【社会教育】大城裕子(一般社団法人宮古島市文化協会長)=再任▽佐藤宣子(植物、市文化財保護審議委員会委員)=再任

  • 宮古島の人口

    平成30年6月1日現在

    宮古島市 54,017 人
    27,022 人
    26,995 人
    世帯数 26,606 軒
    多良間村 1,175 人
    630 人
    545 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2